第43回MAF展

審査と賞与

MAF展賞与
  • MAF賞(賞金総額200万円)
  • 内閣総理大臣賞
  • 文部科学大臣賞
  • 厚生労働大臣賞
  • 外務大臣賞
  • 地方創生大臣賞
  • 他を予定
  • ※賞金は、MAF賞のみに限定されます。
  • MAF賞
  • 内閣総理大臣賞
  • 文部科学大臣賞
  • 外務大臣賞
  • 経済産業大臣
  • 厚生労働大臣賞
  • 内閣特命担当大臣賞
MAF展審査

≪2次元アート・3次元モニュメント部門≫

審査日平成28年10月27日(木)
審査員
  • 金子美樹(美術評論家)
  • 大江夏子(アートディレクター)
  • 河西雅子(アートディレクター)
  • 宇沢章(アートディレクター)
審査結果

≪6次元アート部門デザイン審査≫

審査日平成28年9月12日(日)
審査員
  • 浅野則之(NPU㈱ 代表取締役)
  • 堂本正照(㈱6次元アニメーション 代表取締役)
審査結果

審査基準について

審査員の2/3以上を展覧会主催者でなく外部審査員により構成されます。
審査員は、美術・芸術分野に於ける経験と実績のある人達より選考されます。

審査の手順

  • 出品作品より入選作を先行します。
  • 入選作の中から、受賞対象作品を選考します。

受賞対象の基準

芸術作品として優れた作品に賞与する事が前提ですが、各賞には優先される基準があります。

MAF賞(賞金賞与)
モニュメント作品
内閣総理大臣賞
総合的に優れた作品
クールジャパン賞
クールジャパンに添った作品
文部科学大臣賞
伝統的な作品
外務大臣賞
30歳以下の作家
経済産業大臣賞
先端的な作品
厚生労働大臣賞
70歳以上の作家、アールブリュト作家
地方創生大臣賞
地方在住の作家
スポーツ庁長官賞
スポーツに関連する作品や作家、技術

MAF賞について

MAF賞は、モニュメント部門のみを対象として設けられています。
30作品以上のモニュメント部門入選作品の中から優れた作品である事は勿論、野外の展示に耐えられる作品であることが選考基準となります。
尚、モニュメント部門の入選作が30作品に満たない場合は、MAF賞は選考されません。

Page Top